仮想通貨大暴落祭りにびくともしなかったViberate(ヴァイブレート:VIB)を調べてみた。

仮想通貨の主要銘柄が数十%の大暴落を見せるなか、150%くらいの成長率を示していた仮想通貨があった、それがVIB(ヴァイブレート)だ。ベイブレードではない。ということで、もはや独り勝ちとも言えるような伸びを見せていたVIBをちょっと調べてみた。

ちなみに、VIBはBinanceで買えます。

https://www.wassyoi-hack.com/trend/block-chain/regist_binance

スポンサーリンク

ライブミュージックエコシステムを構築するプラットホーム。

通貨を調べるときに、Googleさんに「VIB 仮想通貨」と入れたら真っ先に出てくる優れものコインデータベースが言うには、

ライブミュージックエコシステムを構築するプラットホーム。

なんかカッコいいけどさっぱり分からん。でも確かに、言われてみると、ヴァイブレートでバイブスのヴァイブレートか。知らんけど。よく分からないので本家のサイトを見てみた。

コミュニティに強い通貨っぽい?

ちょっと英語読むのめんどくさかったので、適当にしか読んでないですが、まずどうやったらVIBがもらえるのかについて書かれていた、

Users in the Viberate ecosystem earn VIB tokens through social engagement such as posting on forums and across social media; inviting friends to join the community; publishing promotional content, provided by Viberate; and making contributions to Viberate’s database, such as adding new artists, venues or events to the database and suggesting changes to the existing profiles (provided it’s approved by the editorial team).

なんか色々もらえる条件があるが、コミュニティのメンバーを増やしたり、コミュニティのことを発信したり、コミュニティのコンテンツを充実させたらVIBがもらえるらしい!音楽好きな人の周りには音楽が好きな人が多そうだし、自分の好きなアーティストの情報を追加するのは、ユーザーにとって嬉しいことかもしれない。

そして、このVIBはどんな時に使えるかというと、

users are able to spend VIB tokens in freshly launched VIB store, selling celebrity merchandise, Viberate merchandise and selected event tickets. In the future users will be able to spend VIBs for paying booking fees, subscribing to premium services, and even advertising on Viberate.

将来的にチケット買ったり、プレミアムなサービスの支払いにも使えそうですけど、とりあえず今はサイトで取り扱ってるT-シャツとかそうゆうものを買うのに使うみたいですね。もちろん、通貨の交換は可能です。

ということで、音楽が大好きな人達のためにできた仮想通貨で、そのコミュニティを充実させて、もっと人を増やすように動きたくなる仕組みを作ってあるっぽいですね。なるほど。

ほんで、結局なんで暴落せんかったん?笑

んーここを考えたかった!笑

はっきり言って、日本時間の23時前後からの高騰は、それまでの高騰に後押しされたものだから関係ないとして、なぜ、日本時間の夕方から発生していた暴落に巻き込まれなかったか、ですよね。Twitterとかを見返してみても、上がってきたところで、「めっちゃあがったぜfoooooo」みたいなツイートが色んな言語で見つかるだけで、何がトリガーになったのか分かりませんでした笑。一つ仮説として持っているのは、コミュニティが強そうな仮想通貨だから、例え上がろうが下がろうが別にみんな気にせずにホールドしているから、暴落に巻き込まれなかった、、、とか???

いずれにせよ、なかなかおもしろいですね。今回みたいな大きな動きがあると、他と違う動きをしている通貨のことを調べてみたくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする