ERC20トークンの判断方法・Token Contract Addressの見つけ方

TRONやOCOINを色々なウォレットで管理する方法を紹介してきました。

その中で、「XXXもMEWで管理できますか?」や「XXXのToken Contract Addressってどこで分かりますか?」と聞かれる機会が多かったので、上記のウォレットが対応しているERC20トークンの見分け方、および、ERC20トークンのToken Contract Addressの見分け方について説明します!

スポンサーリンク

ERC20トークンとは?

これについては、CoinOtaku(コインオタク)さんのこちらの記事がとても参考になります。

ERC20とは?仮想通貨の名前じゃない?対応するウォレットまで完全解説!

要は、ERC20というのは、トークンを管理しやすくするための仕様(取り決め)で、ERC20トークンとはその仕様に則って、イーサリアムのチェーン上で動いているトークンということですね。

ERC20トークンか確認する方法

では、ERC20トークンか否かを判断する方法を紹介します。

ホワイトペーパーから探す

一つは、その通貨のホワイトペーパーを見て、ERC20と書かれているか探すという方法があります。OCOINのホワイトペーパーにはOCOIN token is ERC20と明記されています。でも、これ、めんどくさいですよね。笑

Search for Token Contractを使う

イーサリアムチェーン上の取引などを全てチェックできるEtherscanの機能「Search for Token Contract」で、確認したいトークンの名前を検索することで、ERC20トークンかどうかを判断できます。調べたいトークンの名前で心当たりがあるものを入れて、検索結果が出なければ、それはおそらくERC20トークンではありませんので、ERC20トークンにのみ対応しているウォレットでは管理できません。ですので、別のウォレットを探す必要があります。Googleで通貨名+ウォレットでぐぐりましょう。

注意!Search for Token Contractで出てきたトークンが本当に自分が探しているものかきちんと確認する!
ERC20対応のトークンは腐るほどあります。適当に作ることもできます。なので、例え、Search for Token Contractで出てきても、本当にそのトークンが自分が探しているものか確認する必要があります。アイコン・発行枚数・一枚当たりの価格・保有者数、などから判断します。
例えば、Search for Token ContractでTRXと検索すると、下記のように表示されます。
TronixTronが検索結果に表示されます。それぞれクリックしてみます。

Tronix

Tron

見比べると、Tronの方はアイコンも違うし、発行枚数も違うし、何より価格がついてないのですぐにTronixが探していたトロンだと分かります。 結構紛らわしいのもあるので注意が必要です。

Token Contract Addressを見つける

上記の方法で、ERC20トークンだと分かれば次はToken Contrac Addressを探します。検索結果をクリックすると、

こんな感じです。赤枠の部分がトロンのToken Contract Addressになります。Token Contract Addressってまあ、なにかというと、イーサリアムチェーン上でたくさん展開されているトークンの中で、これがトロンやと見分けるための記号くらいに思ってください。
こうやって見つけたToken Contract AddressをMEWやMetaMaskに登録することで、任意のERC20トークンをウォレットで管理できるようになります!


いかがでしょうか。ちょっと面倒ですが、ウォレットで管理するために必要なステップなのできっちり確認しておきましょう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする