次世代の仮想通貨ウォレット「Ginco」の期待ポイント!

コインチェックで日本円にして約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正送金さました。

補償・対応「検討中」繰り返す コインチェック会見

まあ、遅かれ早かれこうゆう事件は起きそうでしたが、いずれにせよ、「自分の身を自分で守る」ことの重要性も感じます。

ということで、次世代の仮想通貨ウォレット「Ginco」がおもしろそうだったので、期待ポイントまとめてみました!

TRONやoCoinのウォレット管理方法はこの辺参考にしてください!

TRON:

イーサリアムのウォレットMyEtherWalletへのTRONの入金方法!

イーサリアム系ウォレットMetaMaskへのTRON(トロン)入金手順!

oCoin:

oCoinのMEW(マイイーサーウォレット)への追加手順

イーサリアム系ウォレットMetaMaskへのoCoin入金手順!

ちなみに、ウォレット探すときは、仮想通貨名 + ウォレット とかでぐぐると一発です。

スポンサーリンク

日本の会社発のアプリ!

これは、日本人にとっては大きいんじゃないですかね笑

アプリが最初から日本語対応というのももちろんですが、何かあったとき、たぶん日本語でサポートが受けられるので、そこらへんの安心感は大きいですよね。

クライアント型なので安心!

Gincoはクライアント型アプリなので、取引所のウォレットに保存したり、インターネット上のウェブウォレットに保存したりするときに比べて、ハッキング等の被害に会う可能性が低いです!裏を返せば自分でしっかり管理をする必要があるということですが、どうゆう管理をしているのか自分で把握できるので安心です。

ICOもできる!

これめちゃめちゃ楽しみなんですけど、Gincoを使ってICOにも参加できるみたいです!ICOは楽しいんですけど、結構面倒なんですよね笑。Gincoに具体的にどんなICO機能が実装されるのかは分かりませんが、期待大ですね。ちなみに、ポートフォリオ管理機能とかもつくそうで、「Gincoが仮想通貨周りのニーズ全部満たせる!」みたいなアプリになりそうです。

今のところ、情報収集機能だけはなさそうですが、それは「SIGNAL」とかで補完できそうですね。

ERC20から実装!

これは、TRONホルダーの僕としてはうれしいですね笑。oCoinや、今後TRONに関係するトークンが出たときもGincoで管理できそうです。

シンプル!

Gincoのサイトでもプッシュされているのですが、画面がとってもシンプルそうです。

ぱっと見もすごいシンプルそうで、説明書読まないでゲーム始めちゃう系の僕でも触れそうです笑

事前登録!

という感じです!2月初旬にはiOS版アプリをリリースということなので楽しみですね~!

サイトから事前登録もできますので興味が湧いた方はどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする