BinanceのAPIを操作するチャットボットを作る~Binance APIの登録~

何回かに分けて、BinanceのAPIを操作するチャットボットを作ろうと思います。言語はPythonです。最終的にherokuあたりにデプロイする雰囲気でやっていきます。

Binanceについてはこちら「草コインを狙うならおススメのBinanceへの登録方法!

まず、何はともあれ、BinanceのAPIを利用できるようにする必要があります。Binanceにログインして、ユーザーのトップページに行きます。右上ヘッダー部分の、人間のマークにマウスオーバーすると、出てくる「ユーザーセンター」という所をクリックすることで、ユーザーページに遷移できます。すると、下記のような部分があります。

API使いたかったらおれのこと触ってくれ!感満載のボタン「API設定」をクリックします。するとこのような画面に遷移します。

めちゃめちゃAPI使わせてくれそうです。APIキーネームを入力してください、と言われているので適当に入力して、新しいキーを作成します、をクリックします。分かりやすい。すると、2段階認証を求められます。

Binance中々セキュリティがしっかりしてますよね~

スマフォアプリの数字を入力して、2段階認証を突破したらAPIキーの作成完了です。

これでAPIキーの作成完了です!このAPIキーを使って色々やっていきます。ちなみに、設定として、このAPIキーで売買もできるようにするのか、資産の引き出しもできるようにするのか、が権限として設定できるようですね。あと、IPアドレスでの制限もかけられるようです。引き出しを有効にすると、IP制限が必須になります。んーやっぱり堅い。そして、APIキーの権限の変更の際にも2段階認証が求められます。仮に、PCをなくしたり、ブラウザ立ち上げたままにしているときにいたずらされても大丈夫ですね。

さて、準備が出来たの次からさっそくBinance APIを触っていきましょう!

第2回→「BinanceのAPIを操作するチャットボットを作る~チュートリアル~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク