Cybozu Days 2017 大阪での橋下元市長の講演から学んだこと

Cybozu Days 2017 大阪に参加してきましたー!色々ためになったこともあるのですが、2日目の最後に講演された橋下元市長の講演がとても印象的だったので勉強になった点をまとめておきます!

内容はネタバレになるので(講演中は録音撮影禁止!)、どっちかというと、プレゼンのやり方とか、その辺をまとめたいと思います!

スポンサーリンク

とりあえず人の量が半端ない!

いきなりプレゼンの内容と関係ない話!!!

いいんです。楽しければ。

今回のCybozu Days 2017大阪はグランフロントの地下のイベントスペースみたいなやつを1フロア丸ごと貸し切って行われた鬼のような規模でした。2日間で、4000人もきたらしい!ビジネス系のイベントでこの集客は半端ない。しかも、昨年は確か東京会場が2日間で3000人だったらしいからとんでもない大飛躍。

で、そのグランフロントの地下の一番大きい箱で橋下元市長の講演があって、外まで鬼のような行列を並ばないと入場できず、しかも、別の部屋でサテライト講演も開催されるという!橋下さん大人気!行列に並んで入ったらこんな感じ。

人すんごい。

この位置で大体箱の7割くらいですね。あともうちょい後ろに続いていました。

出だし

橋下さんやっぱり掴みがお上手。

平日の夕方に誰かの講演聞くなんて、結構まあ、疲れた状態で、来てるもんで、期待もそらあるけど、やっぱり、集中力の切れそうな人が多い時間帯。

さくっと、最初の一言で笑いを誘うようなことを言って、会場の雰囲気を柔らかくしていた。あとなんか、フランクなおっちゃんやなこの人って思った笑

プレゼンのスタイル

橋下さんくらいになると、どんなプレゼンをするんだろうと思いますよね?

でも、実は手の込んだような資料やスライドは一切ありません。

シンプルなスライドに、明確なメッセージのある図や、イラスト、写真、地図など、そうゆうものが一つだけぽんとスライドにあるだけです。そして、そのスライドのメッセージをご自信の経験を踏まえた上で、一つ一つ具体的な事例を引き出しながらお話してくれます。やっぱり、変にごちゃごちゃするより、シンプルに伝えたいことが伝わるコンテンツが大事だな、と思いました。

マイク

ハンドマイクでした!!!!

政治家時代のくせかな?

内容

まあ、具体的な内容については触れないんですが笑。

でも、すごく勉強になることがたくさんあったので、気になる方は直接連絡ください。

ただ、一つ思ったのは、自分できちんと考えて、自分で行動したこと、それを積み上げることがプレゼンでのコンテンツ作りに重要なんだなーと感じました。まあ、もちろん話すのは上手なんですが、やっぱり、コンテンツが面白い。ダントツにおもしろい。面白い話を提供するためには、自分で考えること、動くこと、それをし続けないといけないなーと実感しました!がんばろう!

ということで、橋下さんの講演以外にもCybozu Days 2017おもしろいところがたくさんあったので、また整理がてら振り返ろう~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする