TRON公式ウォレットの作成手順!

メインネット移行前の、ERC20トークンのTRONは絶対にこの手順で作ったアドレスに送ったらダメですよ!!!

TRONがイーサリアム上で展開するERC20トークンから、独自のブロックチェーン上に移行します。TRONのマイグレ(移行)とその方法については下記の記事をご覧ください。

TRONメインネット間近!マイグレーション(移行)の方法は?

今回は、メインネット移行後に必要になるTRON公式ウォレットの作成手順について説明します!

メインネット移行後は、各ウォレット(MEWやGinco等)では対応が発表されるまで取り扱うことができないので、ご注意ください。
スポンサーリンク

作成手順

まずは、TRONのブロックチェーン専用ページにアクセスします。

かっちょいいっすね!右上の「OPEN WALLET」をクリックし、「CREATE WALLET」をクリックします。

パスワードを要求されるので、しっかりしたパスワードを入力します。ここで入力するパスワードと、後で取得できる秘密鍵(private key)がウォレットの操作に必要です。ちなみに、パスワードの強さは、too short, good, strong, strongerでした(strongestはないw)。英数字を混ぜて、8文字以上のパスワードにすれば、strongerになると思います。

次にキーストアファイルがダウンロードできます。

こちらのキーストアファイルでもウォレットの操作が可能です。PCつぶれたときように、USBとかにもバックアップしておきましょう。

次に秘密鍵を取得できます。

文字列をどこかに保存&ペーパーウォレットも印刷して、オフラインに保管しておきましょう。もしものときの対策は万全に越したことはありません。

以上で、ウォレットは完成です!メインネット移行後(6月25日移行)にこちらで公式ウォレットを作成し、取引所から移すことができるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする