シェアする

読書嫌いでも読める!楽しくて、笑えるおすすめの本を紹介!

シェアする

読書

かたっくるしいですよね!テキストばっかりぎゅうぎゅうだし、おっきい本だと重いし。

でもね、みなさん、読書って楽しいんですよ!本って素敵なんですよ!!そんなことを考えて、ただ楽しい、える本を紹介することだけを目的にこの記事を書いています。

どれも本当に手軽に読めて笑える楽しい本なので、読書が嫌いな方もぜひ手に取ってみてください。

スポンサーリンク

エッセイの鉄板 さくらももこ

エッセイと言えば、さくらももこさんです。アニメ「ちびまる子ちゃん」のイメージが強いですが、初期のエッセイは本当におもしろいです。日常のお話をとんでもないくらい面白おかしく描かれていて、くすっと笑えます。例えば、足にできた水虫を地球温暖化くらいの大問題として取り上げたりしていますw

それぞれのエッセイも数ページから多くても20ページくらいで書かれているので、読書が苦手な方にも読み進めやすい本です!

エッセイは下記の3つが有名ですので、ぜひ手に取ってみてください。

created by Rinker
¥429 (2019/12/07 04:55:43時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥462 (2019/12/07 06:40:10時点 楽天市場調べ-詳細)
たいのおかしら 集英社文庫 / さくらももこ サクラモモコ 【文庫】

平成の変態 朝井リョウ

次は、平成の変態、朝井リョウさんです。彼は早稲田大学在学中に作家デビューし、『桐島、部活やめるってよ』『何者』などヒット作を連発、また『何者』では直木賞も受賞するなど、新進気鋭の敏腕小説家、というイメージをお持ちの方も多いと思います。

安心してください。朝井リョウさん、変態です。

控えめにゆって朝井リョウさんのエッセイは天才です。死ぬほどおもしろいです、本の帯にも

読んで得るもの特にナシ!! ひたすら楽しいだけの読書体験をあなたに。

と書かれていますw

エッセイの内容としては、大学生のときのイベントや、社会人になってからの生活の1シーンを切り取ったものなんですけど、なんでこんなにおもしろいことばっかり起きるん???という感じです笑。もちろん、朝井さんの普通に見える日常のシーンをうまく切り取っておもしろく描かれているんですけど。

そして、お尻の話が多めです笑。

読書が嫌いでも絶対に楽しめるので、まずは立ち読みでもいいので手に取ってみてください!

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/07 12:09:40時点 楽天市場調べ-詳細)

タイトルからしておもしろいですよね、、、笑

ポップなみんなの体験談

さてお次はこちら。『死ぬかと思った』シリーズです!

色んな方の「死ぬかと思った」体験が詰め込まれています。もちろん、本当に死にそうな「あっぶな」っていうお話から、「恥ずかし過ぎて死ぬかとおもった」という笑えるお話まで盛りだくさんです笑(むしろ、こっちがメインw)

テンポよくいろんなお話が読めて、かつ、色んな方の文章なので、飽きずに読み進めることができます!

そして、う〇この話が多めです笑。みなさんピンチになるときは大体同じ理由なんですね笑

いかがでしょうか。どんな本でもいいのでまずは「読んでみること」が非常に重要だと思っています。ぜひ楽しい本から読んでみてください!そして、ぜひ皆さんのおすすめのおもしろい本も教えてください!

いいなーもう少しがっつり読書もしたいなーと思った方は、下記の記事もどうぞ!

読者習慣がなくても、読みやすくておもしろいおすすめの歴史小説

スポンサーリンク

シェアする

フォローする