国産ウォレットを比較!使いやすさ、安全性、使いやすいのは?

仮想通貨がどんどん普及してきました。日本人としても使いやすい国産のモバイル対応仮想通貨ウォレットもいくつか出てきましたので、その中でも3つピックアップして比較したいと思います!

スポンサーリンク
Rebatesお友達紹介キャンペーン

3つのウォレットと3つの基準

今回は、下記の3つのウォレットを比較したいと思います。

上記のウォレットを下記3点で比較したいと思います!

  • セキュリティ(安全性)…やっぱりウォレットなので、これは外せません。ハッキングの可能性やバックアップの確実性を考慮します。
  • ICOへの参加のしやすさ…スマフォで手軽に操作できるモバイルウォレットだからこそICOへの参加は欠かせません。ICOの参加のしやすさも1要素とします。
  • UI(使いやすさ)…仮想通貨はまだまだ新規で参入する方が多いフィールドです。ですので、使いやすさも大きな評価ポイントとなります。

イかれたエントリーメンバーを紹介するぜ!

ちょびっとだけ、上記の3ウォレットの紹介をします。

Ginco

モンゴルでのマイニング事業も始めるなど(「仮想通貨ウォレットGinco、モンゴルでマイニングを開始【情報追加】」)、絶賛いけいけブロックチェーンスタートアップのGincoが開発するモバイルアプリGinco。2018年4月の正式版リリースからゴリゴリ開発を進めています。リクルーティングも非常に積極的なイメージです。

HB Wallet

実は2017年8月にiOS版のアプリをリリースしている同アプリ(「【bacoor株式会社】本日、HB Wallet for iOSをリリース完了」)。イーサリアムの研究など、早くからブロックチェーン界隈で事業を開始している、日本におけるブロックチェーンのリーディングカンパニーと言える、bacoor株式会社が開発しているウォレットです。

token Pocket

ナウリク?元リク?なメンバー達で開発されている同アプリ。DAppsに力を入れていて、”仮想通貨を使う箱”を開発しているイメージがあります。

さあ、どれも魅力的ですが、全期の3つの観点で評価していきたいと思います!

安全性!

さて、仮想通貨を管理するウォレットですので、この視点は欠かせません。その点、HB Walletは先日悲しい事件がありました。

盗難被害の概要と対策方法【必ずご確認下さい!】

実は、前の開発リーダーがapi keyを不正に持ち出し、不正なアプリを外部からリリースし、そのアプリを利用して仮想通貨を不正に送金させたそうです。既に、対処と今後同様の被害が起きないような対策は打っているようですが(「Android版HB Walletにて発生している盗難被害の調査状況と再発防止策についてのご報告」)、少し心配ですね。。。もちろん、アンドロイドアプリだけ、という限定的な状況ではありますが、やはり不安は拭えません。最も重要なポイントでかなり心配な状況ですので、HB Walletについては少し様子見というここで、比較についてもここで脱落という形にいたします。

Gincoとtoken Pocketで比較すると優れているのは、Gincoだと感じます。まず、両方のアプリともバックアップの作成が可能です(Gincoはニーモニックコード、token Pocketはキーストアファイルのダウンロード)。さらにGincoはアプリの操作に指紋の認証を設定することができるので、token Pocketよりも一つ安全性が高いといえるでしょう。

ICOへの参加のしやすさ

仮想通貨のおもしろさの一つとして、ICOへの参加がありますよね!自分で色々情報収集して、期待ができるICOに参加するのは非常に楽しいです。ですが、人気のICOであればあるほど、参加のタイミングが非常に重要になります!ですが、ずっとPCの前に張り付いているわけにもいきませんので、スマフォでICOに参加できるのが一番ですよね。

そうゆう視点みたときには、token Pocketに軍配が上がると思います。2つともスマフォから所定のアドレスにETHを送金することは可能ですが、token Pocketは自動で新しいトークンが追加されますが、Gincoは残念ながら、Ginco自身が対応するまでは表示することができません。もちろんGincoで管理しているアドレスでも確認できなくはないですが、MEWなどの別のサービスを利用する必要があります。

Gincoの秘密鍵を用いてMyEtherWalletで残高を表示する方法

そうゆう意味で、手軽にICOに参加できて、しかも、ICOで獲得したコインを簡単に管理できる点で、ICOへの参加のしやすさはtoken Pocketの勝ちですね!

UI(使いやすさ)

スマフォでの利用になるとUIは非常に重要です。どう触ったらいいんやろ?って悩むだけで、使うモチベーションが下がってきます笑。

その点、「説明書いらず」を特長として掲げるGincoは非常に使いやすいです。本当に直感的にさくさく操作することができます!

見た目も今風で結構かわいいデザイン。token Pocketもめっちゃ使いにくいってわけではないですが、「あれ、アドレスの表示どこからするんやっけ、、、」ってたまになります笑。どっちかってゆうと、token Pocketは機能の方がより力を入れている印象です。

いかがでしょうか!

比較した結果としては、使いやすくてハードルが低いのはGinco!という感じです。Gincoのインストールは下記より可能です!

ただ、まだまだとりあげた3つのウォレットもリリースしてから間がないですし、これからもっとたくさんのウォレットも出てくるでしょうから、引き続きウォッチしていきたいと思います!個人的にはDAppsを制すウォレットが派遣を握ると思いますね~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする