ハードウェアウォレットLedger Nano S アフィリエイトの始め方!

仮想通貨関連のアフィリエイトは色々ありますが、今回はハードウェアウォレットLedger Nano Sのアフィリエイトを紹介したいと思います。

ざっくりゆうと、

  • キックバック割合が15%と高い!
  • まだまだ普及する可能性が大きい!

という理由でおススメです!

まだLedger Nano Sを持っていない人は下記よりどうぞ~!

スポンサーリンク

Leder Nano Sのアフィリエイトをお勧めする理由

それではさっそくLedger Nano Sのアフィリエイトをお勧めする理由を紹介します。

キックバック率が高い!

楽天やAmazonのアフィリエイトのキックバック率は数%でよくて10%程度です。また、仮想通貨の取引所のアフィリエイトは50%ですが、これは取引手数料の50%なので、額としては非常に小さいものになります。

そこにきて、Ledger Nano Sのアフィリエイトはキックバック率が15%もあります!Ledger Nano Sが1台約16,000円なので、1台あたり約2500円キックバックが入ります。単純計算すると、6台紹介すれば自分のハードウェアウォレット分の元が取れることになります。また、Ledger Nano S自体がものとしても実用性が高いので、おススメです。

今後、ハードウェアウォレットが日本で普及する可能性は大きい

また、ハードウェアウォレットは今後日本で普及する可能性が大きいので、参入するメリットも大きいです。

先日、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会から発表された資料「仮想通貨取引についての現状報告」によると、現状日本で仮想通貨取引を行っている人は350万人だそうです(もちろん、海外取引所もありますので完全に正確な数字ではないと思いますが)。つまり、まだ日本で仮想通貨取引を行っている(仮想通貨を保有している)人は日本人の約3%でしかないということです(平成30年3月時点)。

まだまだいわゆる「イノベーター」にあたる方々しか参加していないという状況でしょう。とすれば、まだまだこれから仮想通貨ホルダーは増える余地があります。

また、僕が以前ツイッターで行った調査では、ハードウェアウォレットを持っている人は仮想通貨ホルダーの中でも3割程度、でした。そもそも、現仮想通貨ホルダーの中でもハードウェアウォレットはまだまだ普及の余地があるということです。

「いやでも、ハードウェアウォレット使わんから普及してないんちゃう?」

という意見もあると思います。ただ、僕としては、現状ウォレットを持つメリットが少ない、ということがハードウェアウォレットが普及していない原因だと思います。ただの保管だけを目的としてわざわざ投資をする人は少ないと思います。ただ、これからもっと仮想通貨の利用シーンが広がればハードウェアウォレットはもっと普及すると思います。なぜなら、日本人は「ハード」が大好きだからです笑。いまだに抜けない紙文化、現金主義。全て、「ソフト」より「ハード」が好きだから残っていると思います。

まとめると、

  • まだまだ仮想通貨持ってない人多い!
  • 仮想通貨持ってる人でもハードウェアウォレット持ってない人多い!
  • 仮想通貨の日常利用が進めば、日本人はハードウェアウォレットを持つはず!

という3点の理由でこれからもっとハードウェアウォレットが普及すると考えています。

Ledger Nano Sアフィリエイトの始め方

それでは次にアフィリエイトの始め方を紹介します。まずはパートナー登録を行います。こちらのパートナー登録申し込みフォームから登録します。このフォールでのユーザー名パスワードログイン時に必要になりますので覚えておいてください。

ちなみに、入会金等は無料です。また、締め支払いは、こちらの「アフィリエイト規約」にありますが、月末締めの翌月末払いです。

銀行口座の登録は、会員ページにログイン後、「銀行口座の登録」という所から行うことができます。口座を登録しても、どこにも表示されませんが、チャットから問い合わせをすれば確認してもらえます。

また、紹介実績等はWeb上で確認できます。ですが、こちらの「未払い」等のステータスは参考とのことなので、通帳に記帳して確認しましょう。

パートナー登録が完了すれば、あとは「アフィリエイトURL」から自分用のURLを発行して、それをブログなりツイッターなりに張り付けるだけです!コンバージョンがあれば画面上から確認することができます。

いかがでしょうか!以上が、Ledger Nano Sのアフィリエイトをお勧めする理由とその始め方です!みなさんもぜひチャレンジしてみてください~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする