モバイルウォレットTrustからDDEXを使う方法!

スマフォで仮想通貨が管理できる、便利なウォレットTrust(トラスト)ですが、DAppsブラウザー(Web3.0ブラウザー)を使えば、仮想通貨の取引も可能です。今回は、TrustからDDEXを操作する方法を紹介します。

WebブラウザからのDDEXの使い方はこちらをどうぞ

分散型取引所(DEX)のDDEXの始め方。

Trustについてはこちらをどうぞ

モバイルウォレットTrustを使って、MEWをスマフォで閲覧・操作!

スポンサーリンク

DDEXを開く

まずは、TrustからDDEXを開きます。スマフォにインストールしたTrustを起動して、「Browser」をクリックします。

するとこんな感じで、色んなDAppsが出てきます!楽しい!これら全て分散型のアプリケーションで、TrustからこのDAppsブラウザーを通して、直接操作できます。

今回のお目当ては、DDEXですので、下へスクロール。Exchangesらへんにあります。

DDEXを見つけたらクリック!

押して欲しそうなので、「Start Trading」をクリック!

すると、今はキャンペーン中なので、HOTトークンもらえるよ!みたいなんが出る人もいるかと思いますが、とりあえず華麗にスルーしておいてください。MetaMaskからDDEX開けたり、取引したりするとなんぼかもらえます。50HOT貯まると受け取れるようです。

レッツ取引!

さて、ではさっそく取引していきましょう。トレードの画面はこんな感じです。銘柄選択の画面が(少なくとも、僕のiPhone5Sだと)見えないのですが笑、下の画像の「このへん」らへんをクリックすると選択可能です。

このへん、をうまくクリックできるとこんな感じで、ペアを選べます。

好きな銘柄を選んで注文します。金額と量を決めて(それぞれ、最低購入量的なのがあります)、

BUY 銘柄、をクリックすれば買えます!クリックすると、GAS使うで?って画面になります。DEXはP2Pの取引で、ETHの送金機能を使って取引するので、純粋にETHで送金するときの手数料(ウォレットからどこかにおくるときのGAS)がかかります。

WRAP ETHってのは、まあ、ETHをDEXで使うように抑えるで?って感じですね。「WRAP ETH」をクリックするとこんな感じなので、Approveしましょう。

WRAPが済んでいなかった場合(つまり、事前にETHをWRAPしてWETHを準備していなかった場合)、こんな画面になります。要は、手持ちのETHをWETH(DEX用に抑えたETH的な)にするで、ってことですね。比率は1:1で手数料もないので、問題なくApprove。

やっと注文が完了できます。BUY Tronix!!!!!

このIDでトランザクション作るで?くるので、OKします。

これで、取引が成立すれば完了です!もし、ここでエラーが出たときは、指値の設定や、GASを確認してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする